田舎

生まれ育った地域の特産品を選ぼう|ふるさと納税で自分も地方も得

住民税を安くする方法

女性

税金を安くする方法はたくさんありますが、最近ではふるさと納税という方法で税金を安くする人が多くなっています。ふるさと納税は住民税を安くすることができ、条件も簡単で納税者が得をしやすい内容となっています。内容としては各自治体の特産品を選んで購入することで、住民税が控除されるという仕組みになっています。住民税を安くしたうえに特産品をもらえますし、地方の支援にもなるということで人気が高くなっています。寄付金は2000円という安い金額から始められるので、大多数の人が応募できます。特産品を受け取れる他にもキャンペーン期間内などの特別なときには、割引券や宿泊券などのお得なクーポンを頂けることもありますし、払った金額以上の特産品を受け取れる可能性もあります。そのようなお得なサービスを狙うのもふるさと納税の楽しみと言えるでしょう。ふるさと納税は複数の自治体に寄付ができるため、たくさんの自治体に寄付をして地方の活性化に繋げられます。ちなみに、寄付したお金は使い道を指定することもできます。被災地の復興支援など、自分が寄付したい場所を指定すると楽しみも広がります。生まれ育った地域の特産品を選んでいきましょう。

ふるさと納税を利用して税金を安くするには確定申告が必要になります。確定申告は特別な書類を作成しなければならず、記入するにはある程度の勉強をすることが大切です。また、ふるさと納税の支払い方法によっても手続きが複雑で面倒になる場合もあります。事前に詳しい内容を聞いてから利用すると良いでしょう。

人気の高い特産品を選ぶ

女の人

ふるさと納税は自己負担額が2000ほどと安いので、普段購入できないような特産品を選ぶと良いでしょう。しかし、このような人気の高い特産品は非常に応募が殺到するため、抽選になることもあります。

View Detail

特産品や寄付の基準

野菜

ランキングを確認することで人気が高い特産品を確認できます。人気が高い特産品は高価な物や中々手に入らない物などさまざまですが、受け取って得する可能性が高いことが多いです。

View Detail

企業でふるさと納税を利用

風景

個人でふるさと納税を利用するのが一般的ですが、企業版ふるさと納税を利用して企業でもふるさと納税ができます。しかし、謝礼品が受け取れないこともあるため、事前に調べておくと良いでしょう。

View Detail