男の人

生まれ育った地域の特産品を選ぼう|ふるさと納税で自分も地方も得

企業でふるさと納税を利用

風景

ふるさと納税は個人で応募するのが一般的ですが、最近では企業でも応募ができます。企業で応募する最大のメリットは会社の知名度を上げることができます。たくさんの金額を寄付することで好感度が上がり、会社の業績も良くなる可能性があります。会社の経営が良好で余裕があるのであれば利用しても良いでしょう。しかし、企業版ふるさと納税は普通のふるさと納税と違い、税金の控除額が少ないこともあります。普通のふるさと納税であれば大幅な控除が見込めますが、企業版ふるさと納税は税金の控除がされにくく、謝礼品も受け取りにくいです。謝礼品を渡すかどうかは地方自治体によって大きく変わるため、受け取れることもあれば無理な場合もあります。理由としては法人税がかかって納税額が増えてしまうからです。そのため、企業版ふるさと納税を利用するときは謝礼品を求めずに寄付をする感覚で利用すると良いでしょう。しかし、最近では政府によって企業版ふるさと納税を利用するメリットを高めるように改善されてきているので、今後良くなってくる可能性が高いです。

企業版ふるさと納税が活発に利用されるようになれば、多大な金額が地方に流れていくので地方活性化の効果が高まります。企業版ふるさと納税をする企業を増やすために、政府は企業が得するような仕組みを創りだしています。企業版ふるさと納税の目的は地方創生ということですので、本来の目的が達成されることにもなります。